2006年11月09日

自然な事

命が産まれるという事が月の満ち欠けや潮の満ち引きと深い関わりを持っていると知ったのは、中学生の頃。
その頃はただ何となく漠然と「あぁそうなんや」という位の理解やったように思う。

それが身近な実感として理解できたのはイグイグの出産の時。

助産院で出産する事を選び常に助産婦さんから色々な事を教えてもらっていた頃。お産が多いのは満月や新月の日とか産まれてくる時間帯は満潮や干潮を知っとくと良いよとかそんな事を話してもらってた。

そんな自然な流れの中で出産を迎えた。とても自然で暖かい嬉しくてしょうがない時間やった。今でもそんな日を4回も経験できた事を幸せに思う。だからこそまだ5人目・・・をと思うのかも知れへん(笑)自宅出産をしたかったという事もあるし子育ても好きやしね(*^o^*)


ただいわゆる都会といわれる場所で、病院・産婦人科医院を選んで出産した友人達にはこの事は話してもピンときてはもらえない事が多い。
やむを得ない場合もあるのは充分分かってるけれど薬だったり、病院の都合だったりで自然に寄り添えない出産があまりにも多いからやと思う。
辛い出産を経験している友達も多いバッド(下向き矢印)

だからといって声だかにかあちゃんの出産経験を語ったり勧めたりはしない。それはそれぞれの価値観で産み方・産み場所を選んで、産んだ・産まれてくれた命に何の違いも無いと思っているから・・・(^-^)



話がちょっとそれてしもたたらーっ(汗)

この命が産まれたり・亡くなっていく事が身近に無くなりつつある場所で暮らしていた頃は↑この事はかあちゃんが一人で心で思っている位であまり会話になる事は無かった。もしかしたらこんな事を知らん人も多いんやと思う。


だけど・・・ここ奄美大島では生活の中にこんな会話が当たり前♪

田舎に行けばどこでも当たり前の話なんかも知れへんけど・・・


誰かが出産間近なら

「次の満月(新月)は・・・」とか

「潮は? 満潮(干潮)が○○時やから・・・」とか

そんな話が普通にされてます。それだけ関わりが深い事を昔から知っていてそれが生活の中で自然に継がれているんやろなって思う。



人が命を全うするときも同じような会話があるんです。

もちろんどちらの場合も全ての事が当てはまるとは限らへんねやけど。




当たり前なんやけど

って自然な事なんやなと。

命が産まれるときも瞬間で、命を終えるときも瞬間。いつ自分にその時が訪れるかは分からへん。だからこそ思う存分後悔しないように大切にその時その時を過ごそうと思う。


そして改めて人も自然の一部なんやなって思ったりする訳です。




line7.gif

banner_03.gif気楽にブログランキングに参加中♪

にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へもひとつ気軽に参加中♪♪
line8.gif


子供服・子育てブログランキング不自然な死が増え続けませんように。
line6.gif
ラベル: 満ち引き
posted by かあちゃん at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 想い綴り '06 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かあちゃんの話はちょっとだけ、別世界へ連れて行ってくれる気がする。
忙しいリズムとは違う、独特のリズムで。
Posted by タキママ at 2006年11月09日 21:45
to.タキママさん

ちょっと違う感覚を感じてもらえてるならかあちゃんは嬉しいんやけど・・・それでこそかあちゃん流やから!!
せやけど、これってええ意味で受け取ってもええんかなぁ?(笑)
Posted by かあちゃん at 2006年11月10日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。